Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘タックルインプレッション’ Category

久しぶりにヒラスズキシューズを新調!
前回のキャラバン柳又の後継種で「キャラバン 大峰」っす。

また、ピンはうってないんだけど・・・ひも部分の違い以外あんまり変わってないような(^^;キャラバン大峰

んでもって、予備に保管してたキャラバン水無を手放すことにしました。
今ならヤフオクに出品してますんで必要なかたは検索して入札よろしく!キャラバン水無
話は変わり、最近めっきり磯歩きしてないんで
適当にトレは続けているんだけど・・・久しぶりに懸垂をやってて20回できませんでした(ToT)

つか・・・懸垂やると体が前後に揺れて、あわや大車輪ができるんじゃない?くらいに最終的に
ふれだすんで・・・はたからみたら「ただもがいてるアホ状態(^^;」

そんな中、タイロープなるものを見つけて、ご近所さんがたまたま天神をブラブラしてたようなので(笑)

格闘技専門ショップで購入してもらったm(_._)m

知っている人はマニアかもしれないけど・・・タイロープちゅうのはムエタイの練習とかに用いられる
重めの縄跳び・・・400~500gあるんです。

これを1R(3min)×3回 程度が基本らしいのだが

はっきりいってなめてました(>o<)

初めて、やったときは30年ぶりの縄跳びですがなんと30秒・・・そしてようやく1分

まして3Rなんて無理。

腕ちぎれそうになります・・・

2日目はようやく2分にせまるが・・・やはり3Rは無理・・・

気が付けば太ももやふくろはぎまでパンパンで歩けない状態に・・・

3日以降にようやく3分近くできるようになりましたが、未だ3Rには到達できません。

TWINS タイロープあとはYouTubeでみかけた四股が結構いい運動になりますね。

夏・・・近所のビーチへお姉ちゃんとのの出会いを求めてビキニギャルウォッチングでウロウロするんですが

うちの黒いのは・・・相変わらず水際へ近付かないっす(ToT)

ビキニギャルに抱っこしてもらったとこをパシャって撮りたいYo!

黒柴 虎徹 in ビーチ

北九州 黒柴 虎徹の2011 夏

Read Full Post »

この前の夜磯でご近所さんが燈してたランタンの明かりが
怖さを半減させてくれたので早速ランタンを物色!

安いものがいろいろあるなか
あえてヘッドライトとおなじGENTOSのものをとおもったが
OEM製品があるということでさらに安いこちらを(^^;

ジェントスEX-757MS同型になりますUltraFire製白色LEDランタン!

これは、照射面を変更できハンディライトとしても使える優れもの。

しかも、電池が40h持つとな・・・・本当かな?

今宵使用したかったのですが雨・・・・さらに台風・・・
こりゃヒラ狩りにいくかな。

ジェントスEX-757MS同型でUltraFire製白色LEDランタン

Read Full Post »

前回も話題にしましたが、ヤエンの滑りが悪い点について
単にラインのせいにするのはよくないとおもい、調べていると

スルスルチューブというパーツがでていました。
ラインを通すリング部に熱収縮チューブをはめるだけなのですが(^^;

↓に詳しく書いてました
http://blogs.yahoo.co.jp/m_kusu_77/14666294.html

これいいなと、ポイント八幡店にいったのですが置いてなく
仕方なく普通の熱収縮チューブを購入!

4mmくらいに切って、リングに通します。

(始め、断面を切って、装着したら普通に外れるんで焦りましたが
ただ、リングに沿って鋼線に通していくという方法でOK!)

これにフッソコートをたっぷりとふって・・・

ヤエンの滑りをよくする努力!

スルスル!

Read Full Post »

そうそうまたまたおいら独自のインプレッション!

今回は、つい先日購入したテレスコタイプのダイワシーホーク12TM。
これは、バッドジョイントでリールシート側の元ガイドが大口径チタンガイド
になっているという優れもの。

実は、この1ヶ月、テレスコタイプを探して散々入札して、更新された(笑)
いつも1000円差くらいで高値更新は、己の器の小ささを表しているようだった(^^;

あるときは、シマノフリーマン、チームダイワTD-S SW グランビューXなど
ちょい前のロッドを希望してた。
最近でいうとシマノのソルティショットやダイワのラテオなんかが安いんだけど
ガイドロック機能がないものは、やはり自分の希望としては対象外・・・

それで見つけたのがシーホークなのだ。

昨日、メインにこれを使用してみたが、キャストフィーリングはかなりよいもので
適度な張りがあるMクラスロッドという感じかな・・・

ただ気になったのが、FGノットの結束部が巻き取り時にガイドにあたり
巻けなくなることが多々あった。そんなに小さい口径ではないのに
ガイドに傷かなんかあるのかな????

まっ、ロッドは魚掛けてないんでそれ以上のことはわかりませんが
それよりも気になったのが最近某○イントで激安購入したGOSENのゴーセンエックス
ソルトウォーター28lb。
これも、キャストアウェイと同様、サラシに溶け込み非常に見辛いが
それ以上に強度に問題がある。

少しでも岩に擦れたら、毛羽立ち、おまけに何もないとこでも
両手でいきよいよく引っ張ると、簡単に「プチッ」・・・・
おもわず「おいおい・・・(^^;」

こりゃ磯では使えません。少なくともおいらは・・・・

キャストアウェイは、カラー以外よいですよ。
強度は自分が使った中では一番です。

皆様に参考になれば!

Read Full Post »

忘れてました。
フェルト交換が完了しましたのでとりあえず公開しときます。

今回は初めてのソール交換に挑戦したのですがやはり古いフェルトを剥がすというか
削り取るのが一番の難関でしたね。

何度もカッターの刃を変えながら交換しながら、
気づけば、数箇所ソールのゴムを削ってました(^^;

結論から言えば、ソールは多少荒くフェルトをカッターで落として
あとは、荒削りの金ヤスリで削いだほうが簡単かつ綺麗ですね。
この場合ヤスリは、のこぎりのような荒削りができるやつのがいいです。

そしてだいたいフェルトを落としきったら、100番くらいのペーパーで
整えていくと結構いい感じになりました。

スパイクに用いたステンレス製の皿ネジも一回り広いくて短いやつを
打ってますのでその役割をはたしてくれるとおもいます。

ちなみに先日購入してました、キャラバンの水無ですが、ネットで調べてると
メーカー対応になっているとのことでメーカーに問い合わせいれたら
すぐにフェルトの補強が必要になりますので対応させていただきますと
快い回答が返ってきた。どうやらこのライプはいわゆるソールがロック式で
交換できるタイプで、フェルトとアクアステルスがソールでついてくるんだと・・・・


この、部分が歩行中にはげやすく修理対象になっているようだ。

やはりソール交換式タイプは、砂とか汚れとかで、この部分が弱くなるのは
しょうがないのかもしれない。

たぶんダイワやシマノのものもおいらが使うと2回くらいが限度じゃないだろうか?
それならその都度、自分でフェルト交換したほうが安全かつ・・・・安い(笑)


さて、まだ使用したませんのでソールが外れないことを祈っときます。

ヒラスズキ用シューズ

キヤラバンシューズのソールをフェルトスパイク使用に

Read Full Post »

タックルには、それほどこだわりのないおいらですが安全に関する装備はかなり気を使うんですよ。


だって・・・・危ないじゃん(笑)


特にシューズは、最も大事。なにしろ一番最初にそのポイントにたどり着く
ことからはじめなきゃいけない釣りだからね。

気がつけば、履いているキャラバンの柳又がこの状態

ヒラスズキ用シューズ キャラバン柳又

ヒラをやりこんでるアングラーは、ダイワやシマノ系のシューズでやっている人は
少ないんじゃないかな?水抜け悪いから・・・(^^;

つかそれぐらい専用のシューズがないんよね。

軽くて、水切れがよく、滑らない・・・・たったこれだけのような気がするのに
やっぱり専用に開発するとコスト掛かるんだろね。

おいらもいろいろ試して、ようやく渓流シューズというものにたどり着いた。
最近まで使用していた、キャラバンの柳又のフェルトが恐ろしいくらい磨り減って
いたんで、ネットで5千円ほどで購入した同じくキャラバンの水無という旧タイプ。

キャラバン 水無



でもね、柳又とくらべると頑丈だけど重いんですわ(^^;

ヒラスズキ用キャラバンシューズ 比較


ヒラスズキ用キャラバンシューズ 比較2



写真でわかるように、フィットしやすいいように足首部にクッション材を使用して
底のラバー部分も大きくて重い。


今回は別のショップからパズデザインシューズ用のフェルトも新規に購入してみた。
ここのウェーディングシューズもスニーカーのようで軽量でよさそうだったんだけど
今回は保留してフェルトのみ購入。
そして柳又にリペアとして使用予定。

パズデザインフェルトリペアセット




せっかくなんでフェルトスパイクにできないかなとおもい、今回は接着部から皿ネジを
ねじ込んでみました。
実は、柳又では、表からタッピングをねじ込んでいたのですがフェルトが薄くなると
ともに足の裏に違和感が(怖)そうです、いつ足に刺さってもおかしくないとこくらいまで
薄くなっていました(^^;

フェルトをフェルトスパイクに加工

Read Full Post »

さて以前お話したようにJerremyさんより教わったシングルフックの重要性について
試行錯誤した結果、カルティバからS75Mという野生のトラウト専用フックがあると
ネットで発見した。

ヒラスズキ用シングルって、ありそうでないんすね。
いろいろ検索してUZUのモンモンさんがそれを使っていることが判明。
サイズは#1/0ということだったかな・・・確か?

実際ヒラにシングル使っているアングラーってどの程度なんでしょうかね?
雑誌などを全く見ないおいらは、現在流ってのがあんまりわからずいつも
遅れたタックル&我流でのんびりと時を過ごす。

北九州で数件釣具店を回ってみたが、やはりヒラをやるアングラーが少ないのか
黒崎方面のお店では、「シングルですか?」って、笑われたり、店によっては、逆に質問されることもあった。

博多店には詳しい方が数人いるのに・・・・残念です。

しかし、シングルの必要性って先日もありありと体験した。
前回、爆発させたとき、その中の3本は岩の向こう側スレスレでヒットして
1匹は潜られた状態、さらに1匹はなんとフックが引っ掛かって水面から飛び出た岩の
中央に張り付いてしまった(^^;

幸い全ての魚を回収することができたが、最近特に沖岩の向こうにチャポンと落とすことが
多い。(以前ならルアーロストを考え絶対しなかったが・・・最近中古ルアー装着したら
すぐにやってしまう、笑・・・でも、釣れるんすね)

シンペンでもワンダー95など#8?か#6がついていてフックが「びよ~ん」と、なることも
多かった。

それで今回あえてシングルフックを購入しようとおもってJun君にも探してもらったけど
福岡でも置いてないようだった。

なので・・・ネット通販で購入。
送料と手数料で700円も掛かってしまう(ToT)
実際のフックの価格が300円程度に対してこれは・・・かなり芋ひいた(笑)

でもしょうがないから注文して、先ほど到着!

ヒラスズキ用カルティバS75M

ヒラスズキ用カルティバS75M

とろあえずサイズがわからんので#1~#2/0までを購入。
実際に装着してみた。

カルティバ S75M装着

カルティバ S75M装着

こんな感じで、ザブラ11には、#2/0をブルースコードには#1/0、ワンダーには#1をとりあえず装着して
みた。
後日、実際に使用してみてレポートします。

これでさらに、岩が狙えます(笑)

Read Full Post »

Older Posts »