Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年5月

昨日連絡をもらった。

なんとも、偶然か自分と同姓の親子アングラーが生月島水垂レで高波に浚われ
子のほうは、以前行方不明だということだった。

名前が名前だけに他人事には、おもえなくて再びこのようなことを投稿してしまった。

親しかった仲間を生月島で失い、また別の仲間の知り合いも複数犠牲になったこともある。

同じヒラスズキアングラーとして・・・・

なんともいえない・・・・

昨日の方は、釣具のまるきんにも登場してたようでたぶん、生月もそれなりに通っていたはず。
たぶん、たまたま運が悪かったとしかとらえることができない。

いわゆる想定外の波がきたのだろう・・・

以前他のアングラーが、「自己責任で・・・」と、よくいっていた。

しかし、昨日も行方不明の捜索は続いていて、友人の知り合いは
漁船をもっているということで捜索に加わっているそうだ。

そんな無関係な人達の2次遭難の危険性もあるということを、アングラーは常に
肝にすえなければならない。

ヒラスズキは、何が一番危険かといえば、やはりランディング時だとおもう。
ランカーヒラのランディングに手こずっている時に、波がきたら果たして
その魚を一旦諦め、非難することができるか?

ランカーじゃなくても、是が非でも捕りたいとおもうアングラーも同様。

誰もが危険ということに気をつけるのは当然のこと。

とにかく、無理せず安全に「まっ、いいか~」って、諦めることも必要です。

 

今回のアングラーの方・・・
冬と違い水温が高いので漂流していれば生存の可能性はあります。

祈りたい・・・

Read Full Post »

この前の夜磯でご近所さんが燈してたランタンの明かりが
怖さを半減させてくれたので早速ランタンを物色!

安いものがいろいろあるなか
あえてヘッドライトとおなじGENTOSのものをとおもったが
OEM製品があるということでさらに安いこちらを(^^;

ジェントスEX-757MS同型になりますUltraFire製白色LEDランタン!

これは、照射面を変更できハンディライトとしても使える優れもの。

しかも、電池が40h持つとな・・・・本当かな?

今宵使用したかったのですが雨・・・・さらに台風・・・
こりゃヒラ狩りにいくかな。

ジェントスEX-757MS同型でUltraFire製白色LEDランタン

Read Full Post »

前回も話題にしましたが、ヤエンの滑りが悪い点について
単にラインのせいにするのはよくないとおもい、調べていると

スルスルチューブというパーツがでていました。
ラインを通すリング部に熱収縮チューブをはめるだけなのですが(^^;

↓に詳しく書いてました
http://blogs.yahoo.co.jp/m_kusu_77/14666294.html

これいいなと、ポイント八幡店にいったのですが置いてなく
仕方なく普通の熱収縮チューブを購入!

4mmくらいに切って、リングに通します。

(始め、断面を切って、装着したら普通に外れるんで焦りましたが
ただ、リングに沿って鋼線に通していくという方法でOK!)

これにフッソコートをたっぷりとふって・・・

ヤエンの滑りをよくする努力!

スルスル!

Read Full Post »

日曜日に購入しといたアジがそろそろやばくなってくるので

昨日また、夜磯に21時くらいからいってみた。

やはり一人だと

怖い・・・(ToT)

とりあえず気を持ち直して、かすかに感じる霊圧におびえながら
アジ投入!

しばらく何もおこらないまま、藻に絡まるだけでしたが
30分程度してようやく

「グイグイ!」

と、エンペラスイムが始まった。

しかもまたでかいやつみたいでなかなかとまる気配がない。

手前20メートルくらいは、藻ゾーンなのでとりあえず沖にやりたかったので
よし!として、浮かせにかかると今度はジェット噴射(ToT)

さらに20mくらいだされて、止まったのを確認して浮かせに掛かると・・・

「動きません(ToT)」

もちろんヤエン落としても、さらに藻に引っかかり回収不能に・・・

やはりここは、でかいやつ難しいです。

10分くらいしてまた、グイグイともっていかれ
今度こそはと、ゆっくり浮かせると比較的簡単に浮いてきたので

んっ?ヤリ?なんておもってるうちにジェット噴射が始まって
アオリと確信!

ただ今回のやつは、そこまでおもくなく浮いているので
ヤエンも楽だろうと投入するが

「ヤエンが途中で止まってる(>o<)」

どうやら先日購入したナイロンラインの滑りが最悪で

角度がないと滑り落ちていかないようだ。

少しあおってみた・・・・

「さらに絡んだ・・・m(_._)m」

いきなり2杯ばらしてしまい、のこりのアジが最後

20分くらいあたりがないまま、片付け始めた途端に「グイグイ!」

しかも浮いている!今度こそは捕る!・

慎重にヤエンを落とす!

「再びヤエンが止まってます(ToT)」

ヤエンの先、10mくらいのところでイカが浮いてまだアジを抱いている。
ゆっくりと寄せを続けると、ヤエンがゆっくりとだが進んでいった。

そんなこんなで、ようやくゲット!

霊感がある方は、決して一人ではいかんでください。

北九州の夜磯アオリ

Read Full Post »

磯イカ

志賀島、大島、楯崎、恋の浦、新宮、神ノ湊、鐘崎、若松
おいらが貧乏ヒラ釣行で調査する磯は、近郊でも結構ある。

大概の磯は地形を把握して藻が茂る場所とかもある程度
頭にいれているので、ここ最近の満員御礼の波止より磯で
ヤエンをやろうと決めていた。

が・・・・・

です(ToT) 仕事を終わらせ、夕マズメに間に合うようにポイントに むかうが足取りは・・・

半分撤収モードだった(笑)

ウェーダー&ライフジャケット&沢登りシューズ&振出ヒラロッド そして傘(笑) 波止から撤収するエギンガーから白い目で見られながら 磯へ歩みを続け・・・・
暗闇へ消えていくおいら。

はっきりいって、アホまるだしです(^^;

さらに歩みを進めるごとに雨脚が強くなり 仕方なく夕マズメの崖下で雨宿り。

しばらくして、小降りになってきたんで早速、アジを投入。
2投目・・・ ・ ・ 「グイグイ・・・・」

・ アオリ特有のエンペラスイムでラインがでていく。

・ さらにでていく。

・ ・ 止まりません(ToT)

このまま20mくらいゆっくりラインがでていったので 止まった?と、サイズを確認ようとテンションを掛けると。

・ ・ 「ビユーン!」 でた、ジェット噴射!・・・(>o<)

1回のジェット噴射で5~10m近くラインがでたんじゃないかな それを数回繰り返し、さらに数十メートルライン放出。
ただ、5分くらいしてようやく動かせるようになったんで ヤエン投入射程距離までよせてヤエン投入!

見事に掛かったようだが、デカイ!
ヒラロッドグランビュー1263XTMFSが気持ちよく曲がる 身切れを恐れて、とりあえずテンションきつめにして走らせる。

・ ・ が・・・・ ・ ・ 動かなくなりました(ToT)

デンジャー藻ゾーンがあるようです。
もちろん、イカがついてるはずもなくヤエンを回収するのがやっとでした。

少しポイントをずれ、再度アジ投入。
どうやら、ここもデンジャー藻地帯のようで投入後すぐアジが 藻に絡みつく。
こんなポイントはとにかく浮かすか、沖へ泳がせないと ヤエンは落ちない。
アジを投入してすぐに、アオリの抱擁が始まったようで エンペラスイムが始まる。
先ほどよりは、ラインがでなかったが、重量感を感じたので イカを沖へ誘導しようとわざとテンションを掛けてイカを怒らせ 沖へ誘導する。 20m程ラインがでたので、ここで自作ヤエン投入!

自作ヤエン(仮、鬼掛)は、市販のものより強度が優れているはず・・・

ただ、ラインの滑りが悪かったので次回はフッ素コートしとこうかと・・・
しばらくして、ヤエンに掛かったイカが沖で浮いていた。 浮いたら藻の心配はない。

取り込みは比較的楽な場所なんでギャフも簡単に打ち込めゲット!

甲寸35cm程度・・・2キロくらいかな?

さきほどのやつは、あきらかにこれよりでかい。

その後もすぐにアタリがあり、エンペラスイムが始まるが そこまで泳がないのでヤエンを入れると、コイツもでかい!

一機にデンジャー藻まで走られお手上げ(ToT) たぶん先ほどと同サイズだろう・・・
なんかおいらには、そのサイズ無理かもって気がしてきた(悲) そして、すぐにまたイカが乗り 比較的楽によってきたのはキロ300くらい? その後も連発したが結局バラシ。

そして暗闇が怖くなり、ご近所さんにtelして、雨の中 磯まできてもらった。
(いや~呼び出してすみません、夜磯・・・怖いんでm(_._)m きてそうそうに、ヒット!

なんとあっさり2.2キロ仕留めちゃいました(^^; おいらは、その後、アオリのアタリはなく ヤリが数回、ぶらさがるけど2杯だけゲット。 雨が強くなり撤収!

そうそう、おいらは今期初アオリでした。

冷凍室でイカが溢れているんで 今回は、実家に持って行き燻製を作ってみた。
グッディにいくとスモークチップの固形のやつがあって ライターで簡単に着火することができ、90分燻り続ける やつが240円?と安価で販売しています。

100円アルミ皿にこの燻るチップ塊をのせその上に ダンボールか一斗缶を被せ、イカが吊るせるように カスタマイズして、とりあえず下方部と上方部に空気が流れる 程度の穴を開け、1時間もすると簡単な燻製ができます。 ものにより2~3日掛けて燻製にするのもあるようです。

さてできあがった燻製を焼いて食べたのですが ソフトな歯ごたえは最高だったのですが、味が足りない気が・・・(^^;

ネットで調べてみると、塩水か酒みりん、しょうゆなどに1時間程度 浸してから干すと味付けがうまくいくということです。

干物も、味付けして干したほうがよさそうです。

次回は挑戦!
今期初アオリ

自作ヤエン”仮)鬼掛”

Read Full Post »

若松産ヤリイカ
相変わらずヤリイカ群れています。

昨夜は、9時くらいに現地にいったのですが浮き流しが増えてまして・・・(^^;

しかも活性が悪く、ヒラロッド(グランビューX)じゃ、あたりがわからず
アジだけかじられている状態が続く。

なんとか5杯掛けて2杯身切れで3杯ゲットして11時前には撤収。

となりのおっちゃんはコンスタントに二桁くらいあげてました。

友さん、せーさんコンビもかなりゲットされてた模様。

しかし、アオリ少ないですね・・・・今夜は磯でもいってみようかな。

Read Full Post »

ここ2週間ばかりヤエン道を再開したのですが
沖波止はアングラーだらけで・・・夜中も関係なく場所確保が困難。

でいつものご近所へ通ってたのだが
今年は異様にヤリ&ケンサキが多いようで
先日からポツポツ釣れてたんですが昨夜は異様に沸いてました。

まず、1投目着水と同時にヒットしたのは
巨アオリ・・・・重量と、ジェット噴射で2キロ超えは確実だったのですが
40mほど真横にラインをだされてヤエン回収不能(ToT)
沖へいってくれれば問題なくあがってたはずなんですけど・・・・未熟なもんで(^^;

2投目は、今度はタコ?とおもわせる、グイグイひっぱるアタリ・・・
じわ~っと、ひくと少しづつ寄ってくるんですが、寄せても重いだけ。

ヤエン落とさないまま回収したら・・・タコではなく・・・1mくらいの鞭(ウミヘビ)(笑)

そして3投目もアジは底に沈むことなく・・・即ヤエンで・・・ヤリゲッチュ!
ここから連続
・ヤリゲッチュ!
・ヤリゲッッチュ!
・ヤリ&ヤリ・・・・2杯同時にアジにぶら下がっていた。

アジがほとんど尻尾になったやつを投げても
・ヤリゲッチュ!
さらに続いて
・ヤリゲッチュ!
気が付けば、アオリが抱きつく暇を与えずヤリ祭りに・・・
20杯くらいはヤエンを掛けたんですが、ギャフがめんどくさいんで
ぶり上げをやっていると、腕がもぎれたり、身切れが多く半分くらい
お戻りになりました。

左右のエギンガーも釣れているようでしたし、浮き釣りもヘッドライトが
がんがん水面照らしてたんで、休む間もなく釣れていたとおもいます。

ヤエンのコツは
置竿にしないこと!
沖にもっていくやつがあんまりいないんで
片手でラインを持って、テンションを感じながら違和感が
あったら即ヤエン・・・・(アジがもったいないし・・・ほとんど逃げませんから、笑)

ヤエン落とすのが一番難しいです。特にうねりで手前に寄せるときは
ヤエン落とそうと、ライン掴んだら、テンションがなくなりすでに
目の前に寄ってます(^^;
なので違和感感じたら、極力沖目でヤエン落としてください。

エギはスイム系で岩石を狙うような釣り方になるとおもいます。

ヤリイカが群れてます

Read Full Post »