Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年3月

そうそうまたまたおいら独自のインプレッション!

今回は、つい先日購入したテレスコタイプのダイワシーホーク12TM。
これは、バッドジョイントでリールシート側の元ガイドが大口径チタンガイド
になっているという優れもの。

実は、この1ヶ月、テレスコタイプを探して散々入札して、更新された(笑)
いつも1000円差くらいで高値更新は、己の器の小ささを表しているようだった(^^;

あるときは、シマノフリーマン、チームダイワTD-S SW グランビューXなど
ちょい前のロッドを希望してた。
最近でいうとシマノのソルティショットやダイワのラテオなんかが安いんだけど
ガイドロック機能がないものは、やはり自分の希望としては対象外・・・

それで見つけたのがシーホークなのだ。

昨日、メインにこれを使用してみたが、キャストフィーリングはかなりよいもので
適度な張りがあるMクラスロッドという感じかな・・・

ただ気になったのが、FGノットの結束部が巻き取り時にガイドにあたり
巻けなくなることが多々あった。そんなに小さい口径ではないのに
ガイドに傷かなんかあるのかな????

まっ、ロッドは魚掛けてないんでそれ以上のことはわかりませんが
それよりも気になったのが最近某○イントで激安購入したGOSENのゴーセンエックス
ソルトウォーター28lb。
これも、キャストアウェイと同様、サラシに溶け込み非常に見辛いが
それ以上に強度に問題がある。

少しでも岩に擦れたら、毛羽立ち、おまけに何もないとこでも
両手でいきよいよく引っ張ると、簡単に「プチッ」・・・・
おもわず「おいおい・・・(^^;」

こりゃ磯では使えません。少なくともおいらは・・・・

キャストアウェイは、カラー以外よいですよ。
強度は自分が使った中では一番です。

皆様に参考になれば!

Read Full Post »

さてさて、散々な結果で生月から帰路についた夜、嫁から



「明日は、帰りません・・・」


「んっ?(?o?)」
ちゅうことは、釣りにいけちゅうこと?

ということで、急遽、じっちゃん島へいってきました。


島は、風もなく前日のうねりが残りおまけにアングラーが
いなかったようで、いきなり好きなポイントに入ることができた。
辺り一面、ありすぎるサラシ・・・ちゅうか、波高すぎるくらいね(^^;

アドレナリンでっぱなしで、キャストしまくりました。



が・・・・

「でません!(>o<)Why?」



波が強すぎて岸際では難しいのか?ともおもい
沖の根周りもシンペンでタイトに探ってみたんですが
やはりノッシング。
ポイントを西側に移動してみると、すでにアングラーが
叩いた後(^^;

「まっ、波高いから奥まではいってないやろ」
ってノリで奥のシャローエリアまで歩き続けたけど
やはり皆無。
さらに移動・・・・
そこでも皆無・・・・
「ん~こんな時は・・・(^o^)v」

「帰ろう!」

じっちゃんとこでもさらに傷口にワサビを塗られ
ヒラ坊主3連敗爆走中のおいらでございます。

Read Full Post »

ほったらかしブログの更新がまた滞ってました。
いや釣りにはちゃんといってたんすよ・・・・先週も、今週も・・・・
ただ・・・・・



「掲載できる魚がいません!」

んじゃ、まず先週から
え~先週は、先にもここでご紹介したアングラーと初タッグを組んで
蓋井島へいってまいりました。
ほぼベタの状況でしたが、春日丸若船長のはからいで
なんとかサラシがある1級?の瀬に渡してもらい、くらいうち
から攻めまくるも、7時間くらい粘ってヒラゴが遊んでくれた
だけでした。
この時は、餌師が満員御礼で瀬替わりができず、退屈と闘いながらも
沖磯での楽しい過し方を教えていただきました。


そして、爆風が吹きまくった土曜日の夜中にリベンジと再びタッグを組んで
生月へ迎いました。

実は、この日の午後仕事中にキーボードを叩いていた
途中でブチッと数珠が切れるシーンを体験しました。
う~ん、ちょっとのことでも凹むおいらは、かなり不安で
同行アングラーに車内で相談したんですが、なんと彼も
「実は靴紐が・・・・」なんて、ことをいいだして
車内は「シーン・・・・」と(^^;



そんなこんなで現地へついてパヤラ前の駐車場に降り、ドアを
空けようとすると、身の危険を感じるほどの爆風が・・・・
二人して
「だっ、大丈夫っすかね~」と・・・・(笑)

風は南西から北西へ変わる予報だったので
「んじゃ南もまだ厳しいんで、とりあえず東叩いて風が変わってから
南にしましょう!」案を強引におしつけてガイド気取りで
泊からオオバエ東を攻めることに。


6時前、コンビニでは複数台のアングラー車があったのに、ここは
アングラーはまだ居ない。
早速タックルを組んで磯にいくと、泊はまだベタ状態。
オオバエ東エリアは、かなりのバカ荒れでしたが干潮だったので
なんとかなるかなとサラシを超えて沖のスリットをシンペンで
叩きまわったが反応はございません。
1時間くらして、北がらみの風になったようで泊に戻ろうとすると
あら、別アングラーがいらっしゃいました(笑)


さすがにいくとこなかったようですね(^^;
んじゃちゅうことで、泊から南をランガンするけど反応ゼロ!
ベイトはわずかですが群れで浮いてたんですけどね。


ここで3時間くらいしてそろそろ南に下れるかなと場所にいくと
やはり福岡からのアングラーがいらっしゃいました。
なんか恥ずかしながらおいらのこと知ってたようで・・・恐縮ですm(_._)m
そして、なんと彼等はマズメからこちらでよいおもいされてたようで
7本近くガバッと、でたようです・・・・いや羨ましい限り。


さすがにこの波では奥にいけなかったようで、代わりに場所を譲って
もらい波が落ち着く昼くらいまで岩の上でお昼寝。
少し緩んだ頃から、どっこいしょ!と、動きだして
これならくってくるやろと狙い続けたけど反応がない・・・
「んっ?」
反応がなければどんどん進んでいく
それがおいらのスズキ道(笑)

“歩くこともテクニックなり!”
そういいきかせていけるとこまでいったんですが
やはりノーバイト。

戻りがけあきらかに魚とおもわれるバイトが1度だけ
ありましたが、それもヒラかどうかは、わからないまま・・・

結局、3時を過ぎてしまったようで、お仕事中の松永さん
に愚痴をきいてもらいにいってきました(^^;
んで、エスフォーの正しい浮かべ方をレクチャーされ
「昨日は、壱部で普通にでたよん」って、傷口に粗塩を塗られ
ました。

結局、生月をガイドどころか、さんざん付き合わせて申し訳ない限りでしたm(_._)m

次は、頑張りま~す!

ということでpart2に続く!

Read Full Post »